よくある質問 太陽光発電の「本当」の話

太陽光発電についてよくあるご質問をまとめました。
ご家庭への導入の検討に、ぜひご利用ください。

お問い合わせの多い内容をピックアップしました。

Q1.太陽光発電は難しくないって本当?

本当です。ソーラーライフはいたってシンプル。屋根の上に設置した太陽電池に光があたると発電、毎日自動運転していれば、何もしなくても電気を家庭へ供給してくれます。昼間消費しきれなかった電気は電力会社へ販売、発電できない夜間は電気を買うことになります。晴天時の日中にはご家庭で使い切ることができないほど発電することが多く、その場合契約している電力会社に余分な電力を販売できるんです! ※住宅世の太陽光発電設備の発電能力が10kW未満の場合。

太陽光発電の仕組み

Q2.毎日の電力をまかなえるって本当?

本当です。家庭用の一般的な太陽光発電システムが可能な発電量は、一世帯当たりの電気の平均使用量を少し上回る程度。正確な発電量はお住まいの地域によって異なりますので、ぜひ発電職人にご相談ください。プロの職人があなたのご家庭にぴったりのご提案をさせていただきます。

一般平均家庭の1年の消費電力 太陽光発電の年間発電量例

Q3.導入のコストは高くないって本当?

本当です。光熱費の節約効果や、国・地方自治体の補助金制度を考慮に入れると、各家庭の実質的な負担は意外と軽くなります。確かに太陽光発電の機器代金や設置費用は小さくありませんが、長い視点を持ち補助金制度を活用するようにすれば一概に「高い」とは言えません。発電職人では料金のシミュレーションの他、各種補助金申請手続きの代行も行っています。ぜひお気軽にご相談ください。

Q4.ウチの屋根にも設置できるって本当?

本当です。発電職人が取り扱う国内5大メーカーは、日本の住宅事情に精通しており、とても軽量な太陽光発電を製造しています。また切り妻、寄せ棟、陸屋根など、さまざまな屋根のタイプに合わせての取り付けが可能。新築でも今お住まいの住宅でも、安心してソーラーライフをスタートしていただけます。施工方法は屋根のタイプや築年数などにもよって異なりますので、お気軽に発電職人にお問い合わせください。建築のプロが丁寧にお応えさせていただきます。

様々な屋根に対応!

Q5.電力会社に電気を売れるって本当?

本当です。日中太陽光発電で発電した電気を利用し、その分が節電になり、余った電気を電力会社に売ることができます。

1日の電力使用量/電気料金のイメージ

Q6.太陽光発電を長く使えるって本当?

本当です。発電職人が取り扱う国内5大メーカーの太陽電池モジュール(パネル)の寿命は、平均して20年以上。また雨はもちろん、ヒョウやアラレ、強風などにも高い耐久性を発揮します。太陽電池モジュール以外の周辺機器(パワーコンディショナーなど)は、約10年で交換が必要となる場合があります。耐用年数などは設置場所や条件等によって異なりますので、お気軽に詳細は発電職人にご相談ください!

シャープの太陽電池発電は1966年設置の灯台にも使用されています。

Q7.緊急災害時にも役に立つって本当?

本当です。太陽光発電は停電時でも利用が可能。システムが発電状態にあれば、停電時自立用コンセントを使って電力をご利用ください。ラジオを聴く、携帯電話を充電する、冷蔵庫を使用するなど、生活に必要な電気製品を使用できるので、停電時にも慌てることなく対処が可能に。太陽光発電で最大1,500Wまでの使用できます。

発電職人は施工のみのご依頼もお受けしております。

Page TOP